広い層から関心度が高く今後の発展性が期待されるVR

最近巷でよく見聞きするワードの一つに「VR」が挙げられますが、これは「ヴァーチャルリアリティ」の略語として一般的に定着した呼称です。
実際に実物に触れたり体験したような環境をゴーグルやヘッドホンなどの機器を使用し、視覚や聴覚や味覚、嗅覚などの人間の持つ感覚を刺激する事によって、実際に体験しているような環境を作り出すテクノロジーの事です。
映画などの映像やゲーム、アミューズメントなどに採り入れられ、本物さながらの臨場感や迫力を体験できるとあって、関心度が高まっています。
VRのテクノロジーを活かした分野としては、これら娯楽の分野のみならず様々な訓練や医療などの分野にも及んでおり、社会や生活の中で幅広く有効活用されています。
しかしながら、非常に多くの層から関心度が高く今後の発展性にも期待されるVRですが、機器類の値段がまだ割高と言う事もあり一般的に浸透するのには、今後多少の期間を要すると考えられます。